『池田 学 展』(佐賀県立美術館)に想ふ

平成29年2月25日。東光会佐賀支部の金子剛先生の教え子でアメリカで活躍している池田学氏の” 凱旋 ” 展覧会『池田 学 展 The Pen 〜凝縮の宇宙〜』(佐賀県立美術館)を鑑賞しました。朝早く岡山を出発し中国自動車道を通り、昼過ぎに佐賀入りしました。美術館玄関では佐賀支部代表の田代先生が笑顔で迎えてくれました。早速、田代先生に解説して頂きながら作品を鑑賞しました。池田氏の東京藝術大学時代の作品からはじまり、今回のメインの作品である「誕生」まで、人波が途切れることなく、すべての人が食い入るように一点一点に見入っている姿が印象的でした。それほどに多くの人々を惹きつける魅力が、確かに作品から滲み出ていました。一本のペン先から生まれ出る一本の線の集合ですべての作品が形成されています。その見事なデッサン力や構成力は饒舌なまでに我々に多くのことを語りかけてきます。しかし、その語り口は恐ろしいほどに静寂です。知らず知らずのうちに耳をそばだてて、その声を必死に聴こうとしている自分がそこにいました。人の心の奥底にずっしりと語りかけてくる、それが池田氏の作品なのかもしれません。

   

 

ひとしきり作品を見終えた頃、東光会常任審査員の金子剛先生が美術館に来られました。展覧会場には池田氏が、恩師である金子先生に送った書簡なども陳列されており、金子先生からは他所では聞くことのできない貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。感謝感謝です。

  

 

池田学氏の作品は今後、世界中の美術館を巡回するようで、佐賀に作品が戻ってくるのが、いつになるかわからないということです。国内では、東京、金沢での展覧会が近々に作品を観る最後のチャンスといってもいいのかもしれません。

昨年末に、金子先生から「NHKで池田学展の特集をやるから。」とお知らせいただいてから、ずっと実際にこの目で作品を鑑賞したいと思っていました。往復10時間以上かけて観にいく価値のある展覧会だったと思います。そして何よりこれまでの自分の絵に対する対峙の有り様を深く見直す機会を与えてくれたことに心から感謝したい気持ちです。

美術館玄関で田代先生と「春の東光展がんばりましょう!」と硬い握手を交わし、一刻も早く帰宅して制作しなければという気持ちにさせていただきました。

現地でお世話になりました、東光会佐賀支部の皆様に心から感謝申し上げます。

                                 頓首

                    文責:東光会岡山支部 後藤 晋

広告
カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ

東光会岡山支部夏期作品研究会 〜報告〜

東光会岡山支部の作品研究会が7月12日、関西書芸院を会場に開催されました。会員相互の画力向上に役立てようと、会員が制作した思い思いの作品を持ち寄り、意見交換をしました。展覧会の時だけでなく、日頃のこうした研究会が会のレベルアップにつながる重要な活動だと思っています。猛暑の中、多くの仲間が集い絵について話し合うとても充実した一日となりました。

IMG_4675

東光会岡山支部事務局 後藤 晋

カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ

東光会章が完成しました

待望の「東光会章」が完成しました。”はばたけ東光展”のイメージを馴染みの東光会のマークに翼をあしらった、洗練されたデザインに仕上がりました。バッジの胸章タイプと女性に嬉しいピンブローチタイプの2種類用意しました。申し込みにつきましては、各支部でまとめて注文していただければ送料無料になります。詳細は事務局にご連絡ください。

IMG_8861キリトリ2 IMG_8869
↑胸章タイプ

IMG_8872コピー IMG_8866
↑ ピンブローチタイプ

カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ

東光会佐賀支部の試み〜人物クロッキー〜

さる6月7日(日)、佐賀支部において人物クロッキーの会が催されました。

佐賀支部ではこれまでも、活発に会員相互の研鑽を目的に何度も作品研究会を行ってきました。また若手育成にも、支部の総力を挙げて取り組み、全国的にも珍しいくらいに若手育成に成功してきた支部です。しかし、佐賀支部にあっても他の支部と同様な悩みを抱え、それをどう克服するかを一生懸命考えてこられました。佐賀支部の田代氏の手紙からもそのことが容易に推察されます。

(原文抜粋)「4月の本展から帰ってきて、5月に支部の総会を行い、そこでも若い人の育成の話はしました。と同時に佐賀はもっと勉強をしなければいけない、特にデッサン力が弱いという指摘(課題?)もあり、今までの作品を持ち寄り批評して、そこで制作するだけでなく、お互いにデッサンを勉強し合いながら研鑽を積もうということにしました。何も新しいことではないですが、今までも年末にやっていたチャリティ、小品・色紙展に向けて自分たちで小品の勉強会をしたりしてはいましたが、デッサンの勉強会となると今回が初の試みとなりました。〜中略〜そのデッサンの勉強会で初めはクロッキー(人物)をみんなでやろうということにしたものです。緑光会(佐賀支部の別称)会員が互いにモデルになり10分を3回程行い、会員の数名に自分が気に入った作品について意見を出し合いながら、対象物を視る時のポイントなど気づくこともあり、参考になったと思います。」(佐賀支部・田代利夫)

IMG_4418 IMG_4419 IMG_4425

 

今後こうした積極的な取り組みが、全国にどんどん広がることを期待して止みません。

文責:後藤

カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ

巡回作品のアイデアに感謝 〜岡山支部〜

第81回東光展岡山会場が6月7日、無事終了致しました。「はばたけ東光展」というキャッチフレーズが使われるようになって久しいですが、爾来、数々の改革がなされてきました。小品部門は今年で9回目。30号部門もますます充実してきており、高齢で大きな作品が描けなくなった作家にも発表の機会が確保されています。さらに本年度は、巡回作品が一枚一枚梱包されるようになりました。従来は、数枚を大きな箱に同梱していたのですが、高齢化が進む支部にあって、一度に数枚の作品が詰まった箱をトラックの荷台から降ろすのは、年々、大変な作業となってきていました。本年度、面倒でも一枚ずつ梱包されるようになったことは、安全で確実な作業が要求される巡回展にとって何よりの配慮でした。(岡山支部会員一同の感想です。)

IMG_4347 IMG_4351

彩美堂さまや本部展覧会係の方々のお心遣いに、支部の事務を預かる者として心から感謝する次第です。次期開催の鹿児島支部のご盛会を祈念致しております。

東光会岡山支部 事務局 後藤晋

カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ

小さなアトリエ 展〜森田先生のアトリエ公開〜

「第10回 新池袋モンパルナス 西口まちかど回遊美術館 森田茂 小さなアトリエ展」
2015年5月14日〜27日 午後1時〜5時(火・金曜 休館)で森田茂先生のアトリエが一般公開されています。

森田先生ご愛用のアトリエ着やパレットを見ているだけでも圧倒されそうになります。

先生が作品と対峙されている時の気迫が伝わってきます。

最近の自らの制作を振り返り、多いに反省するよい機会となりました。

 

森田先生のアトリエ着  森田先生のパレット

カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ

第81回 東光展 審査終わる

4月17日に始まった審査が終了しました。審査は全国各地から集まった審査員により公正公平、不偏不党の精神で本当に良い作品をみんなでじっくりと時間をかけて選抜しました。一般社団法人東光会としての社会的使命に鑑み、これまで同様、極めて民主的な運営による審査でした。展示スペースの関係で惜しくも落選された方々には、是非とも会場に足を運んで入選作品を鑑賞いただき、来年に向け頑張っていただければと思っています。今回めでたく入選、受賞・推挙された皆様本当におめでとうございます。さらなるご発展を祈念いたしております。

IMG_3952  IMG_3949

スクリーンショット 2015-04-21 16.10.21

本年も多くの美術愛好家の方々に喜んでいただけるように、展示にも気を配り、見やすく美しい会場ができるようこれから展示の準備をしていく予定です。

一人でも多くの皆様にご来場、ご高覧賜りますようお願い申しあげます。

カテゴリー: 芸術全般 | コメントをどうぞ